間違った洗髪が悪化の原因!?洗髪方法を見直してみよう


毛穴のつまりや汚れを取り除く

aga対策には、aga治療を利用している人も増えていますが、まだ薄毛がそれほど進行していない場合はまずは自己流の努力で悪化を防ぐことも考えてみましょう。薄毛対策には市販の育毛剤を使う人も多くなっています。育毛剤にはフケやかゆみを抑える成分や、血行を促進する成分など髪の成長に役立つものがバランスよく配合されています。良い結果を得ている人もいれば、使い続けてもあまり変化がないという人もいます。育毛剤の効果が発揮できない理由には毛穴がつまっていること、頭皮が汚れていることなどがあげられます。成分の浸透を良くするには、皮脂や汗、整髪料などの汚れをきれいに取り除く必要があります。そのためには洗髪は欠かせないヘアケア・頭皮ケアですがその方法が間違っている人も少なくありません。

爪を立てずに洗うことが大切

洗髪の際に、気持ちよいからと爪を立ててゴシゴシ洗っている人もいるのではないでしょうか。この洗い方では、頭皮にダメージを与えますので薄毛や抜け毛が悪化する可能性があります。爪は立てずに指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。シャンプー後はトリートメントやコンディショナーを使うことも多くなっていますが、頭皮についてしまうと毛穴をふさぐことにつながるので注意が必要です。短髪の人は、特にトリートメントなどをしなくても大丈夫なことも多くなっています。洗い流しが不足していることも、かゆみや赤みなどの頭皮トラブルにつながるので、きちんと洗い流すことが大切です。洗いすぎると必要な皮脂まで取り除き、乾燥が進む可能性もあります。シャンプーの量は適量を守ること、皮脂が気になるからと一日に何度も洗うことは避けたいところです。

agaを横浜で治療する際には通院頻度が低いクリニックを選ぶと手軽です。数か月に一回で済むクリニックもあります。