自分でできる対策はある!?最初にやるべきこと


家庭で実践できるaga対策とは

agaが気になり始めても、すぐに医療機関に行く人は少ないでしょう。医療機関で治療を受ける前に、できることはたくさんあるのです。最初に実践したいのは抜け毛を減らすことで、それによりagaの進行を抑えられます。髪が少なくなる仕組みはシンプルで、正常な範囲を超えて抜けてしまうからです。1日に50~100本程度抜けるのは正常な範囲ですが、200本以上になるとagaの可能性が極めて高いと言われています。抜け毛を減らすために役立つのは頭皮マッサージや育毛剤の使用です。睡眠不足は抜け毛を促進させるので、睡眠時間が7時間未満の人は注意してください。最低でも1日7時間、できれば8~9時間くらい確保するのが好ましいです。

頭皮が硬くなってきたら要注意

agaになると頭皮が張ったように硬くなるのが特徴です。柔軟な頭皮に変えていくためには、頭皮に対して直接手で刺激を加えていくのが一番です。ただ自分でセルフマッサージをすると腕周りが凝ってしまうので、できれば育毛サロンでマッサージをしてもらいましょう。育毛サロンでは薄くなりやすい前頭部・頭頂部に加えて、側頭部や後頭部なども入念にほぐしてくれます。

頭皮が凝り固まっている状態は血行不良に直結し、髪に栄養素を届けるうえで支障が出てきます。agaを早期発見するためには、こまめに頭皮をチェックしてみてください。週に1回くらいのペースで頭皮を指で動かしてみます。以前より硬くなってきた、抜け毛も増えてきた、などと感じたらagaの可能性ありです。

agaを千葉で治療するなら、通いやすく自分に適したクリニックを選びましょう。船橋や柏には人気の高いクリニックが複数あります。