帽子をかぶることがagaを進行させているってホント?


必ずしもagaの進行を加速させているとはいえません

“頻繁に帽子をかぶっているとagaになる!”というトピックスが、SNSでしばしばつぶやかれることがあります。このトピックスは、果たして本当なのでしょうか?そしてagaと帽子にはどのような関係があるのでしょうか?
まず結論から言うと、帽子をかぶるという行為がagaを急速に進行させているわけではありません。その一方で頻繁に帽子をかぶっていると頭皮が快適な状態をキープしづらくなり、それがagaの原因になるという一面もあります。

頭皮を圧迫しないようにかぶることがaga対策になる!

ここからは頭皮の快適な状態について考察します。まず帽子が風に飛ばされるのを防ぐために、キツめのサイズを選ぶ人っていますよね。しかしキツめの帽子をかぶると頭皮が圧迫され、その圧迫が原因となってagaになるリスクが生じるのです。キツめの帽子をかぶるということは、頭皮にとって不快な状態をつくることとイコールだといえます。

頭皮が圧迫されていない状態で健康であれば、血液が適切な栄養素を毛根に運んでくれています。しかし頭皮が圧迫されると、1つ1つの毛根の周りにある毛細血管も締めつけられ、頭全体の血液の循環が悪化するのです。そして頭全体の血液の循環が悪化すると1つ1つの毛根に適切な栄養素が行き届かず、抜け毛の原因となります。帽子がagaの原因になるとつぶやかれるのは、このためなのです。

仕事の関係でどうしても帽子をかぶらなければならないのであれば、サイズを調節してなるべく頭皮を圧迫しないようにしましょう。また食事や休憩のたびに帽子をはずし、頭皮に快適な状態をつくってあげることもaga対策には効果が期待できるかもしれません。

agaを京都で治すためには専門クリニックを利用するのが良い方法です。京都駅を中心に多数の候補があります。